2020.3.19 感覚障害における手への影響を考える〜手の役割と体性感覚の関係性〜@和歌山

日程 2020年3月19日(木)
時間 19:00~21:00(受付開始18:45~)
場所 和歌山市民会館 第1練習室
住所 和歌山県和歌山市伝法橋南ノ丁7番地
講師
小林 崇(脳外臨床研究会和歌山支部、作業療法士)
形式 座学
受講料 1,000円 (税込):(カラー資料希望は+500円)
*当日会場にてお支払い下さい

申し込みはこちら

セミナー概要

脳卒中患者様の問題点として良く遭遇する『感覚障害』

皆様はこの感覚障害に対して臨床場面でどのように解釈して、日々治療に励んでいますか?

感覚障害によってみられる現象には

  • 触っていることがわからない
  • 手足を忘れる
  • 動作がぎこちなくなる

などの様々な症状が出現します。

こういった感覚障害によって起因するのが、実は運動が変化するということを感じる場面はありませんか?

例えば、手足が動いたといった固有感覚が鈍くなり、寝返りや移乗などの動作において動きが追従しなかったり、どこにいったかわからず挟み込むなどといった現象は、よく遭遇する場面ではないでしょうか?

感覚障害があることによって目で見ているときは大丈夫だけど、視覚がなくなると物を落として、それに気づかないといった把持動作などに影響する場面はないでしょうか?

なぜ感覚が障害されることでこのような運動への影響がみられるのでしょうか?

そして、そのような感覚障害の問題に対してどういったことを臨床場面では考えるべきなのでしょうか?

そして、それにはどういった評価や治療が必要になってくるのでしょうか?

今回はこの『感覚障害』にフォーカスをあて、その問題に対して臨床場面でみるべきポイントや治療アイデアをお伝えしていきます。

その中で感覚と手の関係性についても触れていきながら、どのように感覚の問題点を運動に繋げていくかを考える2時間にしたいと思います。

是非皆様のご参加お待ちしております。

≪内容≫

・感覚障害とは
・なぜ手足を忘れる現象がみられるのか
・手足を忘れる、その時に必要な治療のための考え方
・手と感覚の関係性
・治療に繋げる感覚情報の捉え方

≪こんな人におすすめ≫

・今から脳のことや生理学を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳卒中に関する勉強会に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人

申し込みはこちら

カラー資料について

※当セミナーではカラー資料の選択が可能となりました(支部セミナーでもカラー資料の希望が多数あったため)。

カラー資料ご希望の方は当日受付にてスタッフに『カラー資料希望』とお申し付けください。
*カラー資料ご希望の場合は資料代として別途500円頂戴致します。
また、迷われた際は下の白黒版・カラー版サンプルを参考にして下さい。

キャンセルについてのお願い

おかげさまで脳外臨床研究会では多くのセミナーが満員御礼となりキャンセル待ちのセミナーも多数でてきました。
そこでキャンセル待ちのセラピストの皆様に多くのチャンスを提供するためにキャンセルポリシーを策定しました。
申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。

◎キャンセル料
・当日キャンセル・連絡なしの不参加:受講料の100%
・セミナー日含む8日前~前日:受講料の50%
・それ以前のキャンセル:無料

ご都合によりキャンセルされる場合は下記のフォームからキャンセルのご登録をお願いします。

キャンセルフォームはこちら

関連記事

  1. 3.7(土)歩行における足部への治療介入~踵接地や重心移動に必要な足部・下腿部へのアプローチ~ IN 名古屋

  2. 3.8(日)歩行における足部への治療介入~踵接地や重心移動に必要な足部・下腿部へのアプローチ~ IN 大阪

  3. 2020.3.11 早期経口摂取獲得のための嚥下リハ~嚥下評価と治療展開の考え方~@滋賀

  4. 3.14(土)歩行における足部への治療介入~踵接地や重心移動に必要な足部・下腿部へのアプローチ~ IN 東京

  5. 3.14(土)視床障害の脳画像と治療のための機能解剖~感覚評価だけでない、視床出血専門の評価と治療展開~@名古屋

  6. 2020.3.18 運動麻痺の評価と治療の考え方〜分離だけではない麻痺の要素〜@奈良

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA