セミナー中止:筋緊張障害に対する治療のための評価の考え方と脳画像 IN 東京

タイトル 筋緊張障害に対する治療のための評価の考え方と脳画像
~筋緊張亢進と筋緊張低下についてのニューロリハビリの視点から考える~
日程 セミナー中止
時間 10:00~16:00(受付開始9:30~)
場所 全労連会館 2階ホール
住所 東京都文京区湯島2-4-4
講師
山本 秀一朗(脳外臨床研究会 会長、作業療法士)
形式 座学
受講料 6,000円(税込)*当日会場にてお支払い下さい
 注)カラー資料希望は資料代含む7,000円頂戴致します。

※現在申し込み受付をしておりません。
新型コロナウィルスの影響にて中止となりました。

セミナー概要

coming-soon

≪内容≫

・筋緊張とは
・筋緊張亢進と低下の神経メカニズムの違い
・筋緊張障害の原因(脳画像)
・ニューロリハビリから考える評価方法と評価の意味
・臨床場面での評価方法
・筋緊張異常が及ぼすADL障害とは
・治療のための考え方と方法

≪こんな人におすすめ≫

・今から脳を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳の勉強会に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人

≪達成目標≫

・脳画像がみれるようになる
・脳の基本的な機能が理解できる
・筋緊張についてのメカニズムが理解できる
・筋緊張に対する評価すべき項目が明確となる
・明日からの臨床ですぐに実践できる治療のコツを知る

≪過去の受講生の声≫

・今まで学んだ脳画像セミナーで一番わかりやすかった:PT3年目
・明日から職場で脳画像を積極的に見ていこうと思います:PT1年目
・脳の苦手意識がなくなりました:OT4年目
・臨床での症状と脳の機能解剖がマッチングしました:OT7年目
・脳出血と脳梗塞で何を考え、どういったリスクがあるのかが理解できました:ST4年目
・脳画像の見方がすごくわかりやすかったです:PT10年目

申し込みはこちら
※現在申し込み受付をしておりません。
新型コロナウィルスの影響にて中止となりました。

カラー資料について

※当セミナーではカラー資料の選択が可能となりました。
カラー資料ご希望の方は申し込みの際、カラー資料希望欄で『希望する』を選択してください。

*カラー資料ご希望の場合は資料代として別途1,000円頂戴致します。
また、迷われた際は下の白黒版・カラー版サンプルを参考にして下さい。

申し込みはこちら
※現在申し込み受付をしておりません。
新型コロナウィルスの影響にて中止となりました。

キャンセルについてのお願い

おかげさまで脳外臨床研究会では多くのセミナーが満員御礼となりキャンセル待ちのセミナーも多数でてきました。
そこでキャンセル待ちのセラピストの皆様に多くのチャンスを提供するためにキャンセルポリシーを策定しました。
申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。

◎キャンセル料
・当日キャンセル・連絡なしの不参加:受講料の100%
・セミナー日含む8日前~前日:受講料の50%
・それ以前のキャンセル:無料

ご都合によりキャンセルされる場合は下記のフォームからキャンセルのご登録をお願いします。

キャンセルフォームはこちら

関連記事

  1. 【延期】3.14(土)歩行における足部への治療介入~踵接地や重心移動に必要な足部・下腿部へのアプローチ~ IN 東京

  2. セミナー中止:臨床に使うための脳画像の見方と梗塞・出血の見るべきポイント~CT・MRIの基本的な見方~ IN 大阪

  3. セミナー中止:筋緊張障害に対する治療のための評価の考え方と脳画像 IN 名古屋

  4. セミナー中止:高次脳障害の脳画像と治療のための機能解剖 〜注意障害・半側空間無視を中心にした高次脳の評価と治療展開〜 IN 沖縄

  5. セミナー中止:症例から考える内反尖足に対する治療介入~なぜ骨格筋を正しく働かすことができないのか~ IN 名古屋

  6. セミナー中止:歩行においてなぜ踵接地(H.C)が必要なのか IN 名古屋

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA