11.24(日)変形性股関節症・THA(前側方進入)の理学療法~術前後の考え方を中心に~

日程 2019年11月24日(日)
時間 10:00~16:30(受付開始9:30~)
場所 オルソ研修室 TMビル5F
住所 大阪市天下茶屋3-28-5
講師
アシスタント
吉冨 真司(白庭病院・大阪運動器リハビリテーション研究会)
小坂 健二(河内総合病院・大阪運動器リハビリテーション研究会)

森川 修(平野若葉会病院・大阪運動器リハビリテーション研究会)
形式 実技+座学
受講料 8,000円 (税込):(カラー資料希望は+1,000円)
*当日会場にてお支払い下さい

申し込みはこちら

セミナー概要

変形性股関節症は、罹患期間が長い事が多く、術前のアライメントから受ける影響が強い症例です。

加えて、患者様自身も疾患・手術などの情報に長けており、理学療法士としても患者様以上に病態・手術方法の理解が重要となります。

手術方法の違いにより脱臼肢位、術後の可動域練習の方法・考え方に違いが出てくるため、今回は、変形性股関節症の病態からTHAの術式、術式の違いによる術前・術後の理学療法の考え方、可動域制限に対する治療戦略について報告させて頂きます。

≪内容≫

・変形性股関節症の概論
・変形性股関節症の理学療法
・THAの手術について
・THA後の理学療法

≪こんな人におすすめ≫

・THAを臨床で見ている人
・THAを見るポイントがわからない人
・THAの評価に困っている人
・THAのアプローチに困っている人

申し込みはこちら

カラー資料について

※当セミナーではカラー資料の選択が可能となりました。
カラー資料ご希望の方は申し込みの際、カラー資料希望欄で『希望する』を選択してください。

*カラー資料ご希望の場合は資料代として別途1,000円頂戴致します。
また、迷われた際は下の白黒版・カラー版サンプルを参考にして下さい。

申し込みはこちら

キャンセルについてのお願い

おかげさまで脳外臨床研究会では多くのセミナーが満員御礼となりキャンセル待ちのセミナーも多数でてきました。
そこでキャンセル待ちのセラピストの皆様に多くのチャンスを提供するためにキャンセルポリシーを策定しました。
申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。

◎キャンセル料
・当日キャンセル・連絡なしの不参加:受講料の100%
・セミナー日含む8日前~前日:受講料の50%
・それ以前のキャンセル:無料

ご都合によりキャンセルされる場合は下記のフォームからキャンセルのご登録をお願いします。

キャンセルフォームはこちら

関連記事

  1. 12.15(日)どの足関節にも通づる足関節の痛みの評価と治療~足関節底屈制限に着目して~

  2. 12.16(月)感覚障害における手への影響を考える〜手の役割と体性感覚の関係性〜@大阪

  3. 12.21(土)しているADL獲得のための評価とアプローチの考え方(食事動作を中心に)

  4. 1.11(土)嚥下・食事に対する脳画像と治療のための機能解剖~画像から考える仮性球麻痺と球麻痺、ワレンベルグの治療のための機能解剖~@大阪

  5. 2020.3.15(月)脳卒中による嚥下障害の評価・治療ポイント 嚥下に関わる脳神経評価と運動麻痺へのアプローチを中心に

  6. 2020.1.13(月)肺炎患者に対する呼吸機能と嚥下機能の評価・治療ポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA