【2020.11.15(日)オンラインセミナー】リーチと歩行に対する治療のための評価の考え方と脳画像 〜随意運動・プログラム・高次脳・運動学習・CPGについて〜

 

 

タイトル リーチと歩行に対する治療のための評価の考え方と脳画像
〜随意運動・プログラム・高次脳・運動学習・CPGについて〜
日程 2020年11月15日(日)
時間 10:00~16:00(適宜休憩あり)*10分前より入室可能
場所 オンライン(zoom)にて開催
*チラシや事前のご案内から変更となっておりますのでご注意下さい。
講師
山本 秀一朗(脳外臨床研究会 会長、作業療法士)
中上 博之(脳外臨床研究会 歩行セミナー、理学療法士)
申し込み  :一般・サロン無料・有料会員
3,500円(視聴のみ):申し込み

11,000円(資料・復習用動画あり):申し込み

*2つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。

有料会員:オンラインセミナーは無料で視聴可能です。
VIP会員:オンラインセミナー参加・資料・復習用動画はVIP会員コンテンツに含まれますので購入の必要はありません。
オンラインセミナーzoomIDはFacebook限定グループ『BSC college』のイベントにアップ致しますので各自でご確認ください。

申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEというアプリを使用しています。▶︎使用方法

資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。

セミナー概要

臨床場面において
リーチ・歩行について、何に困るのか?

その答えは、『どうすればよくなるのか?』
だと思いませんか?

この方法を行えば…
リーチができるようになる
歩けるようになる
そんな方法があればきっと誰も困らないはずですよね。

私は、これが今業界で言われている
エビデンスやグレードAなのではないかと思います。

治療効果が保証されているエビデンス
グレードAがあるにも関わらず
なぜ、皆さんは『どうすれば良くなるの?』と言う
疑問を投げかけてくるのでしょうか?

実は、これにも答えがあります。
その答えは、『原因に対して方法が合っているのかが
理解できていない』ことです。

これはどう言うことかと言うと
リーチ時の肩の代償に対して
リハビリをおこなう。

これは現象に対しての方法であり
原因を治すための治療展開ではありません。

リーチ時に肩が挙上してくるのは結果であり
原因は、リーチをするために必要なシステム(脳)
のどこかにあります。

これを理解しない限り
動作を変えるために動作反復練習しかできません。

簡単にリーチをするシステムをお話しすると
リーチには
①脳の覚醒
②発動性
③後頭葉(視覚)
④頭頂連合野(物体と身体の位置把握)
⑤側頭連合野(物体の認知)
⑥前頭連合野(ワーキングメモリ・計画)
⑦運動前野・基底核・小脳(運動プログラム)
⑧運動野(駆動)
⑨皮質脊髄路・前角・α運動ニューロン
⑩筋肉
これら全てが協調的に動く必要性があります。

つまり、
まず、
STEP1:①〜⑩の全ての理解ができているか?
STEP2:①〜⑩のどれに問題が起こっているのかの評価ができるか?
STEP3:①〜⑩の治療方法を知っているのか?
STEP4:その治療方法を正確にこなせるのか?
最低でもこの4つのステップが必要です。

STEPの1〜3が理解できているかたは
治療技術の研鑽に励んでください。
そして、一緒に患者様をフルリカバリーを目指しましょう。

このSTEPが不十分なかたは
是非ご参加ください。

言葉で説明するだけでなく
臨床で使える形に変換して
お伝えします。

患者様を絶対良くしたい!!
そのために、本を読み、勉強会に参加している。
でも、なかなか臨床に活かせない。

このような方には
ご好評いただいています。

かなり分かりやすいのでお気をつけください。
明日から、患者様の見方が変わってしまいます。

共にフルリカバリー目指して頑張りましょう。

≪内容≫

・リーチとは
・随意運動の仕組みと脳機能
・運動プログラム(基底核と小脳機能)
・物体認知のための高次脳と把握の関係性
(頭頂連合野の空間把握・側頭連合野の物体認知とプレシェーピング)
・ミラーニューロンとキャノニカルニューロンシステムについて
・リーチ動作をできるADLからしているADLにつなげるための運動学習
・歩行とは
・筋緊張と歩行の関係性
・歩行とCPG

≪こんな人におすすめ≫

・今から脳を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳の勉強会に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人

 

 

申し込み  :一般・サロン無料・有料会員
3,500円(視聴のみ):申し込み

11,000円(資料・復習用動画あり):申し込み


*2つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。
有料会員:オンラインセミナーは無料で視聴可能です。
VIP会員:オンラインセミナー参加・資料・復習用動画はVIP会員コンテンツに含まれますので購入の必要はありません。
オンラインセミナーzoomIDはFacebook限定グループ『BSC college』のイベントにアップ致しますので各自でご確認ください。
申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEというアプリを使用しています。▶︎使用方法

資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。 

資料について

3,500円:資料なし
11,000円:資料あり
ご自身に合ったプランをご選択ください。
※資料の転載・譲渡は固く禁じております。

注意事項

①オンラインの接続状況によって、音声の一部が途切れたり、一時中断をするといった可能性がある場合がございます。当研究会でも随時確認をしながら、こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などでの対応を行います。しかし、最後まで配信が可能だった場合の返金・動画配信は一切致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。

②申込者以外の方へのzoom IDの共有は禁止致します。オンラインセミナー中に事務局で名前の確認をさせて頂き、申込者以外の方の視聴が確認された場合は、こちら側より強制退出させて頂きます。

③BASEというアプリを使用し、当日参加可能なzoom IDを送らせて頂きます。BASEにて申し込み後メールが2通(1通はBASE側から申し込み完了のメール、2通目に当研究会からの自動返信メール)が届きますが、2通目のメールがセミナー直前だとセミナー開始前に届かない可能性があります。そのため、申し込みは前日までに宜しくお願い致します。万が一、2通目のメールが届かない場合はBASEよりお問い合わせ頂くと事務局で対応させて頂きますので宜しくお願いいたします。

関連記事

  1. 臨床festa

  2. 2021/7/28(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

  3. 2021/7/21(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

  4. 【ナイトセミナー2021.7.26】遊脚期における力学的要素と臨床でみるポイント

  5. 2021/6/23(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

  6. 2021/6/16(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA