【オンラインセミナー2020.7.26.(日)】小脳出血専門の評価と治療の考え方〜運動失調・体幹失調という協調性問題と小脳の役割について〜

タイトル 小脳出血専門の評価と治療の考え方
~運動失調・体幹失調という協調性問題と小脳の役割について~ 
日程 2020年7月26日(日)
時間 10:00~16:00(適宜休憩あり)*10分前より入室可能
場所 オンライン(zoom)にて開催
講師 山本 秀一朗(脳外臨床研究会会長、作業療法士)
申し込み  :一般・サロン無料・有料会員

3,500円(視聴のみ):申し込み

5,000円(資料あり):申し込み

11,000円(資料・復習用動画あり):申し込み

*3つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。

申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEというアプリを使用しています。▶︎使用方法

資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。

セミナー概要

小脳と言えば一番に皆様が思い浮かべるのは「失調症状!」ではないでしょうか?

上肢をリーチした際に手が震える
歩行中に足の接地位置が一定しない
端坐位や立位時などの姿勢保持の際に体幹が揺れる  などなど

小脳障害の患者様を診たときに、これらの症状が出ている場合、それは失調症状が原因と判断することが多いのではないでしょうか?

でも、そもそも失調症状とは何のことを指すのでしょうか?どういったことが原因となりこの失調症状がみられるのでしょうか?
ここを把握することが小脳機能の評価や治療を考える上では非常に重要となってきます。

そもそも失調とは、協調性を失うということになりますが、協調性を失うとはどういった状態なのでしょうか?

実はこれには大きく3つの要素が関わってきます。それは、

筋収縮のタイミング(時間的秩序)
筋収縮の組み合わせ(空間的秩序)
筋出力(配列) 

から成り立ちます。この時間的・空間的秩序配列といった言葉を臨床場面でどのように判断し、評価していけば良いのか?

実は、皆様が普段評価をする鼻指鼻テストや回内外テストでそれを見分けることが可能となります。

その際に大事なのが、筋肉がどのように反応をするのか、これを触診や実際の動きの中で把握することが非常に重要となります。当セミナーでは、その際に何に気をつけ、どういった反応性を普段みているのかという部分をお伝えしていきたいと思います。

実はそれを理解することが小脳機能の治療に直結し、その際になぜ重錘を用いるべきなのか?なぜ小脳患者様では低緊張が問題となるのかといったことの理解にもつながってくるのです。

普段何気なくみている失調症状に対する評価の視点が変わるだけで、治療が変わるのです!!

そして、それを判断する際に大事なのが脳画像から失調症状を把握することも重要となります。

随意運動が出現する際のメカニズムとしてどういった経路で運動が起こるのか、その中で小脳が何をしているのかをセミナーではわかりやすくお伝えしていきます。

毎年変化する脳画像セミナーに是非ご参加ください!

≪内容≫

・小脳ってどこにあるの?
・小脳の役割とは?
・小脳が障害されると起こる障害(ADL動作障害)
・運動失調とは?
・鼻指鼻検査と回内外テストの意味とは
・小脳障害で起こるめまいの原因
・小脳失調の治療の考え方
・症例ごとの脳画像の見方

≪こんな人におすすめ≫

・今から脳を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳の勉強会に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人

≪達成目標≫

・脳画像がみれるようになる
・脳の基本的な機能が理解できる
・評価すべき項目が明確となる
・明日からの臨床ですぐに実践できる治療のコツを知る

≪過去の受講生の声≫

・今まで学んだ脳画像セミナーで一番わかりやすかった:PT3年目
・明日から職場で脳画像を積極的に見ていこうと思います:PT1年目
・脳の苦手意識がなくなりました:OT4年目
・臨床での症状と脳の機能解剖がマッチングしました:OT7年目
・脳出血と脳梗塞で何を考え、どういったリスクがあるのかが理解できました:ST4年目
・脳画像の見方がすごくわかりやすかったです:PT10年目

申し込み :一般・サロン無料・有料会員

3,500円(視聴のみ):申し込み

5,000円(資料あり):申し込み

11,000円(資料・復習用動画あり):申し込み

*3つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。

申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEというアプリを使用しています。▶︎使用方法

資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。

資料について

3,500円:資料なし
5,000円、11,000円:資料あり
ご自身に合ったプランをご選択ください。
※資料の転載・譲渡は固く禁じております。

注意事項

①オンラインの接続状況によって、音声の一部が途切れたり、一時中断をするといった可能性がある場合がございます。当研究会でも随時確認をしながら、こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などでの対応を行います。しかし、最後まで配信が可能だった場合の返金・動画配信は一切致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。

②申込者以外の方へのzoom IDの共有は禁止致します。オンラインセミナー中に事務局で名前の確認をさせて頂き、申込者以外の方の視聴が確認された場合は、こちら側より強制退出させて頂きます。

③BASEというアプリを使用し、当日参加可能なzoom IDを送らせて頂きます。BASEにて申し込み後メールが2通(1通はBASE側から申し込み完了のメール、2通目に当研究会からの自動返信メール)が届きますが、2通目のメールがセミナー直前だとセミナー開始前に届かない可能性があります。そのため、申し込みは前日までに宜しくお願い致します。万が一、2通目のメールが届かない場合はBASEよりお問い合わせ頂くと事務局で対応させて頂きますので宜しくお願いいたします。

関連記事

  1. 【サロンVIP・有料会員無料】 2020.9.7~13 脳画像✖️高次脳Week 「臨床で高次脳を治療するための考え方」

  2. 【オンラインセミナー2020.8.16(日)】触診zoomセミナー「運動が脳に与える影響〜筋肉と脳の繋がり〜」

  3. 【2020.8.23.(日)オンラインセミナー】脳幹機能に対する脳画像の見方と機能解剖 〜皮質障害でも起こる脳幹機能の評価と治療の考え方〜

  4. 【オンラインセミナー2020.8.29】歩行においてなぜ踵接地(H.C)が必要なのか

  5. 2020.7.19.(日)障害年金・就労支援・労災補償等、病気を取り巻く制度を学ぶセミナー

  6. 2020年開催予定の運動器セミナーの「延期・中止」のお知らせ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA