2021/4/2(金)【無料セミナー】1時間でわかる臨床でしか使えない脳画像の見方

タイトル 1時間でわかる臨床でしか使えない脳画像の見方
『中大脳動脈領域脳梗塞で見るべきポイントとは?』
日程 2021年4月2日(金)
時間 20:00~21:00  *10分前より入室可能
場所 オンライン(zoom)にて開催
講師 山本秀一朗
申し込み 
参加費は無料
VIP会員の方は動画を公開します。無料会員・有料会員の方は動画編集後、1ヶ月限定で動画を公開します

<zoomセミナーの参加方法>
①事前にzoomをダウンロードしてください。
②10分前には入室してください。*オンラインを通したオンラインセミナーとなっております。ZOOM IDとパスワードの取得方法を、下記エリアに添付いたしますので、ご確認下さい。今回のセミナーはどなたが受講されても無料ですが、オンラインサロンに入会すると、サロン生限定のセミナーもご準備しております。
オンラインサロンの入会はこちらから

オンラインサロン申し込み

無料でIDを取得する方法

下記ボタンまたはQRコードより
LINE「脳外臨床研究会&大学校」へのご登録をお願いします。
ご登録いただきますと、当日までにLINEにてパスワードやIDが送られてきますので
そちらより当日zoomにご入室下さい。

LINEに登録してIDを取得する

オープンチャット「脳外臨床研究会&大学校」
https://line.me/ti/g2/um9KEzcE9QI4jai7U12agw?utm_source=invitation&utm_medium=link_copy&utm_campaign=default

セミナー概要

皆さんこんにちは

3月の無料セミナーはご覧いただけましたでしょうか?

お陰様で、当日180名もの先生にご参加いただけました。

誠にありがとうございます。

ご参加いただけていない方は

是非こちらにご登録いただき

無料にてアーカイブをご視聴いただければと思います。

脳外臨床大学校HOME

さて今回は、

『中大脳動脈領域脳梗塞で見るべきポイントとは?』

というテーマでお話しさせていただきたいと思います。

実は、中大脳動脈と一括りにされていますが

血管分布は多く、その血管分布によって

栄養している脳が変化します。

つまり、その血管分布を理解することで

症状の理解や予後を予測することが

可能となります。

血管とその支配領域を中心に

脳画像を見て臨床症状の予測の仕方や

評価のポイントをお伝えしていきます。

 

<内容>

①脳画像を見る意味とそこから分かることとは?

②脳梗塞とは?どのようになる状態?

③スライスにおける中大脳動脈の領域

④血管支配と脳の機能局在

⑤中大脳動脈の身体評価・ADL評価のポイント

⑥脳画像の実践編

<こんな人におすすめ>

・脳画像を見たいけど、何を見たらいいかわからない

・脳画像が苦手

・脳画像を何度か学んだけど、臨床で使えていない

・知識を臨床になかなか活かせない

・勉強が苦手

・わかりやすく教えて欲しい

言葉で説明するだけでなく
臨床で使える形に変換して
お伝えします。
患者様を絶対良くしたい!!
そのために、本を読み、勉強会に参加している。
でも、なかなか臨床に活かせない。
このような方にはご好評いただいています。
かなり分かりやすいのでお気をつけください。
明日から、患者様の見方が変わってしまいます。

共にフルリカバリー目指して頑張りましょう。

申し込み  

無料でIDを取得する方法

下記ボタンまたはQRコードより
LINE「脳外臨床研究会&大学校」へのご登録をお願いします。
ご登録いただきますと、当日までにLINEにてパスワードやIDが送られてきますので
そちらより当日zoomにご入室下さい。

LINEに登録してIDを取得する

関連記事

  1. 2021/4/14(水)【オンラインナイトセミナー】立ち上がりにおける重心コントロールの考え方 ー基本動作でみるべき膝関節の機能解剖ー

  2. 【ナイトセミナー2021.4.26】LR〜MSTにおける力学的要素と臨床でみるポイント

  3. 2021/5/12(水)【オンラインナイトセミナー】立位における股関節の安定性と運動性の考え方〜基本動作でみるべき股関節の機能解剖〜

  4. 【ナイトセミナー2021.5.24】MStにおける力学的要素と臨床でみるポイント

  5. 2021/4/21(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

  6. 2021/4/28(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA