【オンラインセミナー:2021.3.21】呼吸器リハと気管切開での嚥下評価〜基礎から学ぶ呼吸と嚥下〜

タイトル 呼吸器リハと気管切開での嚥下評価〜基礎から学ぶ呼吸と嚥下〜
日程 2021年3月21日(日)
10:00~13:00(*10分前より入室可能)
場所 オンライン(zoom)にて開催
講師 小西 弘晃(理学療法士・脳卒中認定) 柳本 友紀子(言語聴覚士)
申し込み 
3,300円(オンライン参加のみ):申し込み

8,250円(復習用動画あり):申し込み

*2つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。

*脳外臨床大学校のサロン生はこちらをご参照ください!
有料会員:オンラインセミナーは当日無料で視聴可能です。
VIP会員:オンラインセミナー参加・資料・復習用動画はVIP会員コンテンツに含まれますので購入の必要はありません。
セミナー参加に必要なzoomIDはFacebook限定グループ『BSC college』のイベントにアップ致しますので各自でご確認ください。

申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEというアプリを使用しています。▶︎使用方法

資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。

セミナー概要

気管切開後や重症な呼吸疾患を呈する嚥下障害症例を担当した時に、どのように嚥下と呼吸を評価して治療に繋げていますか?

S Tも2020年4月から呼吸器リハを算定可能になり、臨床現場においても『呼吸』と『嚥下』の重要性が高まっています。

講師が考える呼吸と嚥下の関係性については、

  ①口腔準備期→鼻呼吸 

  ②咽頭期(嚥下反射時)→呼吸ストップ 

  ③誤嚥防止機構→呼気・呼吸リズム     があります。 

  つまり、呼吸器疾患を呈する患者様にとって食事をするという行為は、より呼吸機能を要するADLになります。このように、気管切開後の重度な呼吸期疾患の患者様は、ベッド上長期臥床が強いられることも多く、二次的に換気障害を併発します。胸郭可動性低下・横隔膜機能低下・肺胞浸潤による肺胞虚脱などが起こることで、肺活量の低下・一回換気量低下など繋がってきます。介入初期のベッドサイドからリスク管理しながら呼吸評価・アプローチによって、一回換気量維持・呼気持続時間を向上させることで咳嗽など誤嚥防止機構にも繋がってきます。 

 今回は気管切開をされた症例を通して、

   *なぜ気管切開をするのか?

   *早期離床が呼吸機能・嚥下機能向上につながるのか?(呼吸と嚥下の関係性について)

   *頭頸部の解剖と気管切開の構造・基礎知識

   *気管切開患者様に対する嚥下評価

   *症例を通してベッドサイド〜座位までの呼吸・嚥下機能評価とアプローチ

  を中心にお伝えしていきます!臨床に活かせる内容を多く盛り込んでいますので、興味のある方は是非ご参加ください。

≪内容:スケジュール≫

10:00 呼吸と嚥下(小西)

11:00   気管切開での嚥下評価(柳本)

12:00 実技:呼吸機能の評価の実際(小西、柳本)

12:45   質問タイム

13:00   終了

≪こんな人におすすめ≫

摂食嚥下について一から知りたい
嚥下機能をどう見ていいか分からない
・呼吸機能評価は何からすればいいのかわからない
・気管切開ってなに?
・気管切開の患者様を担当すると何をすればいいか分からず、怖い
嚥下機能と呼吸の関係性が知りたい
嚥下障害に苦しむ患者様をよくしたい

資料について

・noteより資料を購入頂いた場合は、noteの有料ゾーンに前日までに資料をアップしますので、ご確認お願いします。

・noteより動画を購入頂いた場合、セミナー終了後編集いたしますので、1〜2週間のお時間をいただき、noteの有料ゾーンんい添付いたしますので、ご確認お願いいたします。

・BASEでセミナーを購入された場合資料はついておりませんのでご注意ください。

注意事項

①オンラインの接続状況によって、音声の一部が途切れたり、一時中断をするといった可能性がある場合がございます。当研究会でも随時確認をしながら、こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などでの対応を行います。しかし、最後まで配信が可能だった場合の返金・動画配信は一切致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。

②申込者以外の方へのzoom IDの共有は禁止致します。オンラインセミナー中に事務局で名前の確認をさせて頂き、申込者以外の方の視聴が確認された場合は、こちら側より強制退出させて頂きます。

③BASEというアプリを使用し、当日参加可能なzoom IDを送らせて頂きます。BASEにて申し込み後メールが2通(1通はBASE側から申し込み完了のメール、2通目に当研究会からの自動返信メール)が届きますが、2通目のメールがセミナー直前だとセミナー開始前に届かない可能性があります。そのため、申し込みは前日までにお願い致します。万が一、2通目のメールが届かない場合はBASEよりお問い合わせ頂くと事務局で対応させて頂きます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2021/4/14(水)【オンラインナイトセミナー】立ち上がりにおける重心コントロールの考え方 ー基本動作でみるべき膝関節の機能解剖ー

  2. 【ナイトセミナー2021.4.26】LR〜MSTにおける力学的要素と臨床でみるポイント

  3. 2021/4/2(金)【無料セミナー】1時間でわかる臨床でしか使えない脳画像の見方

  4. 2021/5/12(水)【オンラインナイトセミナー】立位における股関節の安定性と運動性の考え方〜基本動作でみるべき股関節の機能解剖〜

  5. 【ナイトセミナー2021.5.24】MStにおける力学的要素と臨床でみるポイント

  6. 2021/4/21(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA