【ナイトセミナー2021.1.27】CPG機能や脊髄機能を臨床に活かす考え方

タイトル CPG機能や脊髄機能を臨床に活かす考え方
日程 2021年1月27日(水)
時間 20:00~22:00 *10分前より入室可能
場所 オンライン(zoom)にて開催
講師 中上 博之(理学療法士、3学会合同呼吸療法認定士)
申し込み  :一般・サロン無料・有料会員
2,000円(資料・復習動画あり)
*noteにて販売中
*復習動画:セミナー終了後1週間程度でnote記事内で動画アップ
*購入は下記記事をご確認ください
有料記事の購入方法

セミナー概要

歩行という動作を構成要素に分けた際に大きく2つに大別されます。

それは立脚期の支持性という要素と、遊脚期という運動性の要素です。

今回は、その中でも遊脚期にフォーカスをあて、下肢を振り出すという随意的な動きの中で、脳からの下行路だけでなく、その中継地点としての脊髄機能ついて考えていく必要があります。

この脊髄内には骨格筋を働かすα運動ニューロンや反射機能に関する求心性情報、そして特に歩行において重要な屈筋・伸筋の切り替えに関わるCPG(Central Pattern Generation)が存在します。

つまり、歩行における下肢の振り出しにはこれら脊髄機能を把握した上での治療介入を考慮する必要があります。

では実際に、臨床場面での脳卒中患者における歩行の問題において、どのように脊髄機能が関わるのか、その際に何を評価し、どういった部分に着目すべきかについて、今回は遊脚期の機能を中心にお伝えしていきます。

是非奮ってご参加ください。

≪内容≫

・歩行分析のポイント
・脊髄機能の臨床への活かし方

≪こんな人におすすめ≫

・歩行に関する基礎的な理解が不十分
・歩行分析がとにかく苦手な人
・歩行の何を見たらよいかがわからない
・いつも同じような問題点抽出や治療介入となる
・他の勉強会に行ったけど難しかった人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人

申し込み  :一般・サロン無料・有料会員
2,000円(資料・復習動画あり)
*noteにて販売中
*復習動画:セミナー終了後1週間程度でnote記事内で動画アップ
*購入は下記記事をご確認ください
有料記事の購入方法

zoomID・資料・動画について

・zoomID・資料に関しては、noteの有料ゾーンに前日までにアップ致します。

・動画はセミナー終了後1〜2週間のお時間をいただき、noteの有料ゾーンにアップ致します。

注意事項

・接続状況により音声の一部が途切れたり、一時中断となる可能性がございます。こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などの対応を行います。購入者側の接続トラブルによる返金・動画配信は致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。

・複数名でのzoom IDの共有はご遠慮下さい。

関連記事

  1. 2021/3/24(水)【サロンメンバーVIP会員無料】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築~上腕二頭筋~

  2. 2021/3/ 17 (水)【サロンメンバーVIP会員無料】嚥下反射遅延改善に向けて

  3. 2021/3/10(水)【オンラインナイトセミナー】歩行でみるバイオメカニクス②

  4. 2021/3/3(水)【オンラインナイトセミナー】共同運動が起こってしまう人に対して 脳機能から考えるリーチ獲得の為の 感覚入力アプローチ

  5. 2021/2/24(水)【オンラインナイトセミナー】歩行でみるバイオメカニクス①

  6. 2021/2/17(水)【オンラインナイトセミナー】嚥下反射遅延改善に向けて

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA