2019.8.17(土):どの股関節疾患にも通ずる股関節の痛みの評価と治療

どの股関節疾患にも通ずる股関節の痛みの評価と治療
~大腿骨転子部骨折の病態把握と治療方法~

申し込みはこちら

≪概要≫

大腿骨転子部骨折は、もっとも多く遭遇する骨折の1つです。

近年は、CTを用いて骨折形態を立体的に捉えられる事が浸透してきました。

今回、骨折パターンを

①転子間稜(後面)に着目した3D-CT分類
②転位に着目した髄内型・髄外型

の2つの視点より診かたをご提案します。

いずれも読み解き併せることで、正しく病態把握を行い、可動域獲得や荷重戦略に反映することが可能です。

更には、解剖学・構造学的な観点から手術方法や手術侵襲も詳細にご紹介し適切な理学療法プログラムの構築していきたいと思います。

実技のご紹介と練習時間も十分に設ける事で知識と技術を学ぶ機会となると思います。


≪内容≫

・大腿骨転子部骨折の病態理解
・大腿骨転子部骨折パターン-Evans分類だけで本当にいいの?
・大腿骨転子部骨折の術直後の介入方法
・大腿骨転子部骨折の手術方法と画像評価
・術後後療法における荷重戦略
・可動域制限に対するアプローチ

≪こんな人におすすめ≫

・解剖や運動学が苦手な人
・手術についての知識を深めたい人
・転子部骨折のCTの読み方を学びたい人
・転子部骨折病態や評価を理解したい人
・転子部骨折に対するアプローチを学びたい人

申し込みはこちら

セミナー詳細

日時:2019年8月17日(土)

講義時間:10:00~16:30(9:30受付開始)

講師:久須美 雄矢・三宅 崇史(大久保病院・明石運動器リハビリテーション研究会)

会場:大阪市天下茶屋3-28-5 TMビル5F
(住所:〒557-0014 大阪市天下茶屋3-28-5)
会場アクセスはこちら

受講料:8,000円 (税込)*当日セミナー会場にてお支払い下さい。
※当セミナーではカラー資料の選択が可能となりました。
カラー資料ご希望の方は申し込みの際、カラー資料希望欄で『希望する』を選択してください。

*カラー資料ご希望の場合は資料代として別途1,000円頂戴致します。
また、迷われた際は下の白黒版・カラー版サンプルを参考にして下さい。

申し込みはこちら

キャンセルについてのお願い

おかげさまで脳外臨床研究会では多くのセミナーが満員御礼となりキャンセル待ちのセミナーも多数でてきました。
そこでキャンセル待ちのセラピストの皆様に多くのチャンスを提供するためにキャンセルポリシーを策定しました。
申し込んだ講座をキャンセルされる場合は、弊社キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。

◎キャンセル料
・当日キャンセル・連絡なしの不参加:受講料の100%
・セミナー日含む8日前~前日:受講料の50%
・それ以前のキャンセル:無料

ご都合によりキャンセルされる場合は下記のフォームからキャンセルのご登録をお願いします。

キャンセルフォームはこちら

関連記事

  1. 2019.8.25(日)満員御礼:姿勢制御・歩行獲得に向けた足部からの理学療法戦略

  2. 満員御礼:2019.8.31(土)離床をするために必要な情報と離床のための評価とアプローチの考え方

  3. 2019.9.1(日)脳幹障害(中脳・橋)の脳画像と治療のための機能解剖

  4. 2019.9.15(日)脊椎圧迫骨折のリハビリテーション

  5. 2019.9.23(月祝):どの股関節にも通ずる股関節の痛みの評価と治療

  6. 2019.9.23(月祝)経口摂取獲得の為に必要な頸部角度の評価・治療ポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。