2021/4/28(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

タイトル 脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築
触診とエコーによるリーチ動作分析
三角筋と上腕二頭筋〜
日程 2021年4月28日(水)
時間 20:00~21:30  *10分前より入室可能
場所 オンライン(zoom)にて開催
講師 山上拓(触診講師、理学療法士)
申し込み 
1,100円(オンラインセミナー参加のみ):申し込み

2,980円(復習用動画あり):申し込み

*2つのプランをご用意しております。ご自身に合ったものをご選択ください。

申し込み方法
オンラインセミナーのみの購入はBASEより販売。
資料・復習用動画の購入はnoteより販売しております。

セミナー概要

【目次】
1. リーチ動作中の三角筋と上腕二頭筋のエコー:それぞれの筋収縮を考える
2. リーチ動作中の三角筋と上腕二頭筋の違いとは!?:触診とエコーから考える
3. 三角筋と上腕二頭筋への治療介入の提案:リーチ動作再構築へのステップアップ

【内容】
臨床においてリーチ動作獲得のために上肢挙上や前方リーチの反復運動、課題設定を行います。その中で、重要になってくるのが、目の前の患者様がどのような運動をしているのか!?どのような筋収縮でリーチ動作を行っているのか!?そのパターンは患者様で個人差があり、評価に難渋します。
だからこそ、実際の成人のリーチ動作を
Ⅰ:触診という療法士の手から感じる事。
Ⅱ:エコーという筋実質の動きを確認すること。
という視点から、どのような筋収縮でリーチ動作を行っているのかを考えていきます。

今回は、リーチ動作に重要な三角筋と上腕二頭筋にしぼり、それぞれの運動と筋収縮を評価し治療に活かしていきます。

三角筋と上腕二頭筋は肩関節屈曲の作用があります。実際のリーチ中のエコーを診ると、同じように筋収縮がおこっているわけではありません。三角筋と上腕二頭筋は、それぞれの特徴をもって筋収縮がおこり、また共同して肩関節屈曲という運動を起こしています。
リーチ動作中の三角筋と上腕二頭筋の筋収縮はどのようになっているのか!?リーチ動作中の三角筋と上腕二頭筋の違いとはなんなのか!?これらを明確にし、日々臨床でリーチ動作再獲得のために実施している治療介入の一助となることを目指します。

<受講前Q&A>
Q1:触診とエコーで診たら何が良いのでしょうか?
A1:療法士の手から感じる主観的要素と、エコーという筋実質の動きを確認する客観的要素の両方の視点からリーチ動作を考えることが出来ることで、リーチ動作の動きの構成がイメージしやすくなります。

Q2:エコーを実際持っていない・使えない場合はどうすれば良いのでしょうか?
A2:セミナー中に動画で共有していきますので、その動画からしっかりとイメージして頂ければと思います。私も、臨床中エコーをみながら治療しているわけではなく、正常のリーチ動作のイメージを触診とエコーから学びし、実際の患者様に工夫・臨床応用しています。

Q3:触診とエコーでリーチ動作を考えると、臨床的なメリットは?
A3:実際の臨床で患者様と対峙したときに、まず何をすべきか?どんな工夫が必要か?ということが分かるきっかけになります。

Q4:三角筋と上腕二頭筋の違いは何ですか?
A4:セミナーでもお伝えしますが、まずは形態の違いや運動方向の違い、収縮のタイミングの違いがあります。今この場で、右上肢で前方リーチを行い、左手で右三角筋と上腕二頭筋を触診して頂くと収縮の違いがあるということが分かると思います。ここから先はセミナーでお伝え致します。

Q5:リーチ動作をよくするために、三角筋と上腕二頭筋への治療方法はありますか?
A5:方法としては色々あります。今回、方法の提案はさせて頂きますが、それは私の工夫した結果の一方法にしか過ぎません。今回のセミナーでお伝えしたいのは、「臨床での治療工夫の仕方」です。これをご理解頂ければ、方法はどんどん自分自身で考えることが出来るようになってくると考えています。

Q6:エコーの取り方やノウハウを教えてくれますか?
A6:申し訳ございません、エコーのハウトゥーセミナーではありません。プローブの当て方や設定等をお伝えするセミナーではありませんので、ご理解ご了承のほど宜しくお願い致します。

<最後に講師から>
脳卒中片麻痺患者様のリーチ動作の再構築に悩んでいる方は是非ご受講頂けましたら幸いです。今回はリーチにおいて必要不可欠な三角筋と上腕二頭筋の筋収縮を考えていきます。どうしたら、コップに手が届くのだろう?どうしたらペットボトルを持てるようになるのだろう?そんな疑問を解決するヒントが今回のセミナーにあります。皆様の臨床の一助となるように私も最大限努力しお伝えさせて頂きます。宜しくお願い致します。

 

申し込み  :一般・サロン無料・有料会員
1,100円(オンラインセミナー参加):申し込み

2,980円(復習用動画あり):申し込み

資料について

1,100円:資料なし
2,980円:資料なし
ご自身に合ったプランをご選択ください。
※資料の転載・譲渡は固く禁じております。

注意事項

①オンラインの接続状況によって、音声の一部が途切れたり、一時中断をするといった可能性がある場合がございます。当研究会でも随時確認をしながら、こちらの接続トラブルによって映像がみれない、音声が聞き取れない状況が続いた場合は後日の動画の配信などでの対応を行います。しかし、最後まで配信が可能だった場合の返金・動画配信は一切致しませんので、ご理解・ご了承の上お申し込みください。

②申込者以外の方へのzoom IDの共有は禁止致します。オンラインセミナー中に事務局で名前の確認をさせて頂き、申込者以外の方の視聴が確認された場合は、こちら側より強制退出させて頂きます。

③BASEというアプリを使用し、当日参加可能なzoom IDを送らせて頂きます。BASEにて申し込み後メールが2通(1通はBASE側から申し込み完了のメール、2通目に当研究会からの自動返信メール)が届きますが、2通目のメールがセミナー直前だとセミナー開始前に届かない可能性があります。そのため、申し込みは前日までに宜しくお願い致します。万が一、2通目のメールが届かない場合はBASEよりお問い合わせ頂くと事務局で対応させて頂きますので宜しくお願いいたします。

関連記事

  1. 臨床festa

  2. 2021/7/28(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

  3. 2021/7/21(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

  4. 2021/6/23(水)【オンラインナイトセミナー】脳卒中片麻痺患者のリーチ動作の再構築

  5. 2021/6/16(水)【オンラインナイトセミナー】臨床につながる嚥下機能の評価・アプローチ

  6. 2021/7/14(水)【オンラインナイトセミナー】着座における腰椎・骨盤運動の関係性 〜腰椎の関節構造と筋機能〜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA